読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山男の部屋

漫画やアニメ、ゲームを余すとこなく紹介していきたいです✩

山男のオススメ 「ガールズ&パンツァー」

ハンバァアアアグ!!みなさんこんにちは!!逸見エリカです。

はい、、、私の嫁は「まほ」なんですけどねww

      f:id:ysk210:20170305021914j:plain

 

今回のおすすめはガールズ&パンツァーです。

2013年アニメ放送、その後OVAになり、劇場版にまでなりました。

PSVitaにゲームで出ましたが、それは未プレイです(Vita持ってないンゴ)。

スマホゲームとしても登場して、私もかなり気に入ってます。

今回はアニメの方の話をします。スマホガルパンの話は別の機会にしたいと思ってます。

 

最近(2017/02頃)親戚にガルパンを勧めたのですが、反応は微妙・・・。

萌え豚作品だと思われたのが非常に悔しい思いをしました。

実際そう見えるかもしれません。しかし、そうじゃないんです。

 

書道や柔道があるように、戦車道という架空の競技が存在する世界。
女性の嗜みで行われる戦車道。扱ってるのが女性しか出てきません。
女子高(女子学園)だからしかたないんです。

女性とはかけ離れた「戦車」が登場する為、意表を付いた作品。

こんなイメージで見てました。しかし、思ったより戦車の知識をぶっこんで

くる為、一部マニアを喜ばせる内容にもなっています。

戦車との交戦が結構本格的に描かれている、そんな戦いを美少女達が繰り広げます。

戦車の交戦でふと思い出したのが901ATT(アンチ・タンク・トルーパー)部隊。

  f:id:ysk210:20170305030117p:plain  f:id:ysk210:20170305030131p:plain

 

戦車に対して歩行からの近接して「ドアノッカー」と呼ばれる銃を引っさげて、

戦う主人公を思い出します。この作品は戦車で人を蹂躙、殺戮するのが当たりまえな世界観です。詳しくは「パンプキンシザーズ」で検索。

この作品を見た後で「西住みほ」が平然と顔出して戦車に乗ってるのを見ると、

西住流には恐怖心はないんだな。当たって爆発四散しないのかぁ、ウンガイイナって

毎回思ってます。

戦う美少女達の戦車と戦車のぶつかり合いが、相反する感じですが、ストーリーが

いい感じにハマって、いい話に終わりを迎えたと思います。

現在は劇場版終了してから熱を冷まさないよう、様々なガルパン関係の

漫画を購入。「もっとらぶらぶ作戦です」「激闘!マジノ戦ですっ!!」「リボンの武者」「リトルアーミー」「フェイズ エリカ」などなど。どれも面白いですよ。

見たことない人は今からでも遅くありません。むしろ最近は続編の情報もあります。

全6章の劇場版として放映予定なので、それに合わせて今から皆さんもガルパン

応援して行きましょう☆

最後に私の好きな「まほ」について語ります。

f:id:ysk210:20170305033635j:plain 

主役である西住みほの事を誰よりも思いやるお姉さん。それに対して

エリカ殿が嫉妬する感じの関係性が好きです。そのせいなのか、エリカは

他作品で、いじられキャラになってる感じがします。

 

話変わって、スマホガルパンではチームリーダーをまほに固めて作成しました。

今日(2017/03/03)にまほの白ゴスが一発で当たりテンションはマックス。

足元がセクシー、えろいっ。

        f:id:ysk210:20170305033917p:plain

抱き枕とか出たらまじで欲しいレベルです。最近飲食店「coco's」

でまほの看板があると聞いたので会いに行ってきました。

期間内だけだと思うので、もう看板は撤去されたと思います。

店内にありましたが、写真だけは収めてきました。

まほ可愛いんじゃぁああ!!

                             f:id:ysk210:20170305035633j:plain

何かアニメの話がされてませんでしたネ、すいません。

次はスマホガルパン話や、新作劇場版の話もできたしたいです。

 

それではまたのー!

山男のオススメ 「魔法少女育成計画」

皆さん、旅行に行きたくて計画立ててる今日この頃です。

 

さて今日は魔法少女育成計画を紹介します。

 

タイトル見た瞬間は

 

「また魔法少女かよぉ、、」

「vividやら、プリマとかでもうお腹いっぱい」
CCさくらが至高!!」


誰もが上記のことを思っているんじゃないでしょうか・・・・・・

さらにこのアニメのPVを見た人は絶対こう思うでしょう。

「これが、、まどか✩マギカですか?」「パクリかな?」

なんて思う人も少なくないでしょう。

はっきり言いましょう、、、、、それは違うよ

       f:id:ysk210:20170302001102p:plain

       ※↑↑この子は出てきません。

 

アプリゲームで遊んでた姫河小雪ちゃんが、魔法少女に唐突に選ばれた的な展開。

ベーさん(QB)みたいな小動物が今回も出てくるんですが、声が〇ム太郎の人です。

めっちゃゲスいから、とっとこゲス太郎と私は呼んでいます。名前は「ファヴ」

 f:id:ysk210:20170302001540j:plainf:id:ysk210:20170302001639j:plain

 

 

魔法少女は人々の希望の存在、、みたいなイメージを崩壊させた作品でもある

まどか☆マギカが当時は印象的でした。しかし、一度この手の作品が出てしまうと、似た作品が出ても見向きもされなくなりますが、あえて私はこの作品を推していこうと思います。

 

では決定的にまどマギと違うのをまとめてみました。



魔法少女は最初16人いる
②この人数を半分にする(バトロワ開始)
魔法少女になれるのは女の子だけではない

正直②よりも③の方が私は衝撃です。

        f:id:ysk210:20170302002558j:plain

        

この見た目でなんやで、こいつ。
変身中は胸も膨らみ、アレ(♂)もなくなるっぽいゾ。

        f:id:ysk210:20170302002732j:plain

 

魔法少女達が生き残りをかけてキャンディ集めをするという内容。

②で言っていた「人数を半分にする」とは1週間に1回のキャンディ数の発表があり、

一番少ない魔法少女魔法少女を辞める、、、という。魔法少女を辞める際、

人間に戻って生きることができない。不自然な死にならないように心臓停止や事故死

に見せかけるようにファヴが調整するっぽいです。

 

つまり、1週間以内に多くのキャンディを集めないと死んでしまうというルールを課せられた魔法少女バトロワとでもいうのでしょうか。

チームを組んだり、裏切ったりと黒くてドロドロした展開も多いです。

途中専用アイテムが登場。課金がないと言っているが、アイテムの購入に必要な

対価は寿命。ヒロインのスノーホワイト(姫河 小雪)は結局選ぶことができませんでした。むしろ普通の判断だよ、異常者が多い、特にスク水の子(スイムスイム)はね。

 

 

アニメでしか見たことないですが、原作は小説とのこと。

本屋でも結構紹介されてましたし、まだこの先が気になります。

先の展開が楽しみだポン☆

第2期が来ることを祈ってます。    

またの~

 

 

山男のオススメ 「刀語」

みなさんチェリオっ!!

 

ちょい前のアニメになってしまいますが、今回は刀語を紹介していきます。

BD-BOXのパッケージ可愛いです☆

f:id:ysk210:20170301202425j:plainf:id:ysk210:20170301202430j:plainf:id:ysk210:20170301202435j:plainf:id:ysk210:20170301202438j:plain

 

私は原作の方は読んでませんが、なかなかに面白かったです!!

細谷さん大好き人間なのでこの作品は見逃せませんでした。

 

1話目からテンション上がりまくりですよ(チェリオ!)。
刀とタイトルにあるが、主人公は刀使いではありません。

「剣士だよ、まごうことなくな」

宇練銀閣戦のセリフ、、、

七花と銀閣のやりとりは私の中では全話の中で上位にあるのです。

技のネーミングセンスも良かったですし、2話目は至高。

しかし零閃は何故空中では発動できないのかが不思議でなりませんが、、、。

 

このアニメですが、バトルアニメっぽいけどバトルシーンってそこまで多いわけでもないです。会話から戦いが始まってるのは西尾維新らしい感じがします。

 

世界観は1588年以降(戦国時代あたり)の話です。
この作品では、豊臣秀吉が行った「刀狩り」が行われた真の目的が、四季崎記紀(刀鍛冶)が作った12本の刀を収集することであった(らしい)。
歴史ものってそんなに好きじゃない私でも十分楽しめる作品でした。

当時の放送では、全12話を1年かけて放送してました。
再放送版では週1で放送になってましたが。

 

主人公は最初の方は殺戮マシンでした。島流しにされた一族だから人間性をなくしたんだと思います。とがめのおかげで人間として生まれ変わることができました。

こんな感じなお話です。

主人公には姉である、七実がいるんですが

チートで、サイコな主人公の姉ちゃん。完全にわい好みなんですが。

       f:id:ysk210:20170301210748p:plain

27歳には見えないですよねwww気づいたら七実の話になっていました。

 

 

「ただしその頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな」。
主人公が最初に言う名言。名言を決めようという話になって、

とがめがオススメしないと言って、主人公も何でもいいよみたいな感じ

になって決まったんですが、話が進むにつれてこの名言がめっちゃ

しっくりくるんですよ。

 

話変わりますが、作中で出る炎刀(銃を刀と呼んでいる)なんですが、銃って確か日本にやってくるのって1543年以降ですよね。
しかしこの世界ではそれ以前に存在するという設定なんですよね。
四季崎記紀ってそこまで国の経緯(いきさつ)を読んでいたとなるとすごい奴ですよね。
未来予知できる設定ですから、その力でこの世界にはまだ存在しない銃や、釵(かんざし)のようなカラクリ人形を作成することに成功していたとなると、ホントすごい奴ですよね。
他にもツッコミどころ満載の刀はありますが、それはさておき七実かわいいよね。
とがめも否定姫も嫌いではないのですが、ちょっと狂ってる子は特にたまんないです。

おすすめゲーム ダンガンロンパV3

おはックマー!!
この記事はネタバレ満載のつもりで書きますので、まだ未プレイの方は即購入して出直すことをおすすめします。
ネタバレしても絶望に打ち勝てる耐性のある方のみここを進んで下さい。

                 ↓

                 ↓

                 ↓

                 ↓

                 ↓

             f:id:ysk210:20170228231521p:plain

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園から約4年!

いやー長かった。
とは言っても、2作目の間には「絶対絶望少女」やアニメ版「ダンガンロンパ3」があったので、久しぶりって感じはしませんでしたが、やっぱりアニメで見るよりゲームの方がいいですよね、このシリーズは。

VITAは持ってないので必然的にPS4版の方を購入。限定版のアニメ映像特典版は付いてきませんでした。今までのシリーズは全部携帯ゲーム(PSP,VITA)だけでしたが、ついにTV画面でプレイできるのかと楽しみで仕方ありませんでした。いつもより迫力も全然違いました。

1週するまでは私もネタバレは絶対したくないから、攻略サイトはもちろんのこと関連画像の検索もしないようにしました。体験版をプレイした為、新システムにはあまり驚かなかったが、「偽証」でロンパするところは最初はまじでなれませんでした。嘘を付いて相手の質問をはぐらかしたり、嘘に便乗したりできるようになって、よりリアルな学級裁判になった感じがします。まさに、嘘も方便ですね。


前作にはない「偽証」。これを使った裏ルートも気になって全部通りましたが、個人的にはもっと別ルートがあったりしても良かったのではと思いました。
それ以外には「パニック議論」です。これが一番嫌いでした。苦手ですから大声を封じるやつを装備してないと安心してクリアできないのですよ(;´・ω・)

最初の殺人から結構大胆でしたが、何だかんだ最初が一番好きでした。
赤松さんがセンター飾ってたから、ダンロン初の女性キャラの操作(絶対絶望少女を除く)。と、、思ってたら最初の「おしおき」が赤松さんでした。主人公詐欺に会いました。

          f:id:ysk210:20170228231026j:plain

2章の星君が殺されたのは残念です。体験版の時は結構好きなキャラでした。

全クリ後の育成では某テニス漫画のネタを言ってます(名前の由来はやっぱ越前なのな)。部長の使うゾーンは攻略出来なかった、五感を奪う等、有名所は抑えてあるようです。

殺害場所を悟られないようにする為、死体をピラニアに食べさせる殺人計画を思いついた斬美姉貴さすがです。

毎回思うのが、登場キャラ全員が超高校級の暗殺者な気がしてならないです。ハルマキの才能が少し霞むんですよね(まぁ、そういう設定だからしょうがないのか)。

3章は殺害現場もそうですが、そこにたどり着くまでの道が怖いです(人形はマジで怖かった)。あの2人の研究教室近辺は通るのが怖いっすわ。アンジーの研究教室なんてそんな行く機会ナイからいいけどww
そして、アンジーの理不尽な殺害が可哀想です。割と最初は好きなキャラでしたが、闇が深そう(神ってるぅ!!)。

           f:id:ysk210:20170228233527p:plain


まぁ、犯人の方が闇が深かったんですが。後のコレキヨのイベント(ラブアパート)がまじでヤバイ奴でした。
動機が姉に友達を紹介すること(この世にいるとは言っていない)。真宮寺コレマジ(激寒)

4章の感想は誰もが「今までのダンロンじゃん」ってなるよね。
入間姉貴の作ったゲーム世界で殺人が起きます。
絶対犯人になりえない人が犯人だったから、予想外でした。
最初に外出た時にゴン太と出会った時の慌てぶりからかなり怪しい感じが、、、
しかし、本人は異世界の記憶が無くなっている。犯人が殺人の記憶を無くすのです。
実際、このアクシデントはたまたまで、これがあったから複雑になった章です。

王馬も裁判で記憶が残ってたら一瞬で終了していたと言ってますし、、、。
ゴン太に隠し事は無理ですからね。王馬を助ける為の殺人。上手くゴン太を駒にされていた感じがあり、後に王馬は「人を殺さない、笑える犯罪」をプロデュースする組織のリーダーなのですが、この行動は人を殺さないに反しないのかと思いました。

5章は殺人に見せかけたトリック。学級裁判のルールを利用したトリックとでも言うべきかな。裁判中の新しい展開。殺されたのが誰だかを伏せて裁判を行う斬新な切り口。
ハルマキの必死さが本当に可哀想で可愛い。王馬は本当最後までまじキチです。
彼は庭にあった暗号(いは うま)を見てこの展開を読んでたっぽいから総統の名は伊達じゃないですね。

そして最終章。まさかの1章の犯人が違う説を訴える最原君。首謀者を問い詰める。
そしてそして、ここに来て「V3」の本当の意味が分かるという展開。

後ろに流れる視聴者のコメントが面白いです。

記憶が塗り替えられている設定で、超高校級ではなかったというオチ。

ガッカリした人もいると思いますが、私は嫌いじゃないですよ。


クリア後にやることは1章からの犯人の投票を全部「白銀つむぎ」に投票したくなりますよね。全部の章を試しましたが特に意味ありませんでした。
最終章の一番の衝撃的展開はつむぎ曰く、「最初はアニメや漫画だけの存在だったダンガンロンパ
と言っていることから少なくともダンロン1、2はフィクションの存在であり、実在しないという設定が分かります。だからコスプレしても問題なかったんですかね。

賛否両論ありますよねぇ、今までの考察やらが全て無意味と化す展開ですから、、、、。
私はもちろん賛成派ですよぉ。というかまだ続編出ないかと少なからず希望を託して
ここに記しているわけです。ちなみに一番好きなキャラは茶柱さんです。

          f:id:ysk210:20170228235056p:plain


3章は涙なしでは見れませんでした。即死ではないと書かれていることから、
頭に鎌が刺さっても死ぬ気で堪えたんでしょう、、、

ヒミコの為に、、、・゜・(ノД`)・゜・

上のキモ顔ホントすこ。コレキヨは絶対に許さない。

 

話変わりますが、クリア後のミニゲーム紅鮭団フルコン、隠れモノクマもコンプ、アイテムコンプ。デスロード、何それしらなーーーい。クリアするとトロフィーとモノクマパッドの着せ替えが手に入るので頑張って下さい。

ダンロンシリーズをかなり堪能しましたが、終わりではないと信じています。
そうですよね、、スパイクチュンソフトさん。

            f:id:ysk210:20170228235847p:plain

山男のオススメ 「あいまいみー」

みなさんにゃんパスー☆

 

今日はちょぼらうにょぽみ先生のあいまいみーを紹介します。

この方の作品は何というか説明しづらいーーー(^_^;)

愛、麻衣、ミイの3人の学校生活(カオス)を描いた作品です。

どれくらい酷いかというと、女子が漏らすのが当たり前、

登場キャラが女子とは思えない行動をとるのが見てて面白いです。

     f:id:ysk210:20170228214632p:plain

 この顔はいろんな意味で有名ですよね。

通称「FXで有り金全部溶かす人の顔」。原作の方も少し読んでますが、

アニメから入ったにわかです。現在(2017年)3期の放送を見ております。

某フレンズがたくさん出てくる作品と異なりこちらは全力で笑いを取ってる

感じがします。むしろ、あいまいみーこそ「IQが下がる」と思います。

虚無(け〇のフレンズ)VS混沌(あいまいみー)はどちらに

軍配が上がるのか。

 

私はどっちも好きですよぉ☆

山男(やまお)の部屋 オープン

おはこんばんちわなら。山男(やまお)です。

自分の部屋に漫画を買いすぎてしまい、引越しも

視野に入れてる今日このごろ。

 

 

 私のおすすめする漫画、アニメ、ゲームをいっぱい紹介

していきたいと思っています。よろしくね!

 

ちなみに名前が山男なのは何でかって?

私の好きな飲み物がマウンテンデューだからです。

正直BLOGで日記なんて初めてだから紹介が致命的に

下手です。しかし、この一歩を大事にして上達に繋げて

いきたいです(真面目かよこいつ)。